「緋毬」の由来

古きより日本人は、季節の移り変わりや風物を愛で、和菓子になぞらえ、また目先にあたらしい風味を歓び、暮らしを豊かにして参りました。

 

「伝統の味や知恵をひもときながら、これからの時代の感覚に合う、新しいお菓子をつくりたい」。

 

「緋毬」では和の心を大切に、洋の創意も取り入れながら、旬の素材を生かした「和甘味」を、四季や歳時記にちなんで、誠心誠意ご提案して参りたいと存じます。






このページの先頭へ